こちらのブログをご覧いただくのが、2回目以降だよぉ~~~の方    いつもありがとうございますとってもとってもうれしいです
       コアラをクリックで順位をcheck


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ☆ご訪問ありがとうございます☆
    現在は、下記にてブログを更新しております☆
    >>My Quality Of Life<<
    是非覗いてみてくださいね♪

    また、お問い合わせも上記よりご連絡お願いいたします☆


     最後まで読んでいただきありがとうございます。
    少しでもお役に立てたらこちらをクリックお願いします


    にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
    にほんブログ村



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    こちらのブログをご覧いただくのが、2回目以降だよぉ~~~の方    いつもありがとうございますとってもとってもうれしいです
       コアラをクリックで順位をcheck


    IELTS情報、本番の雰囲気編

    私は今まで英語の試験と言えば、英検とTOIECしか受けたことがありません
    英検は、中学校の頃なので、あまり覚えていませんが、TOEICに関しては、「すごくカジュアルなテストだなぁ」というのが感想です
    テスト前まで携帯のゲームで遊んでいる人、テスト直前までぺちゃくちゃ友達同士で話している人,「たぶんテストが終わったら、バンドの練習があるんだろうなぁ」と思わせる、大きなギターを担いで来た人。。。とにかく緊張感ゼロのテストで、私もなんだかリラックスしちゃいました

    TOIECを受けたのが、IELTSテストの3ヵ月前 IELTSを勉強しなければならない状況になる前に申し込んだもので、力試しのために受けました(ちなみに全く勉強せず受けた結果、595点でした)

    そんなTOIECテストの雰囲気を想像しながら、受けに行ったIELTSテストは、みんなの本気度と現場の雰囲気が全く異なるものでした

    何が違うかって それはこちら

    受験生の本気度
    受験票の確認が始まるまで、大体ロビーなどで待たされるのですが、ほぼ90%の受験生が、参考書片手に最後の復讐をしています もちろん、友達と来ている人など、中には話している人もいますが、ほとんどの方が勉強していました IELTSは留学のためにスコアが必要など、目的を持って受ける人が多いので、みんなのテストに対する意気込みもすごいです

    荷物置き場
    これには本当にびっくりしました テスト会場には荷物置き場があり、荷物置き場にすべての荷物(貴重品を含む)を置かなければならず、テストを受ける教室には、パスポート、鉛筆、消しゴム、受験票以外持ち込めません しかもみんなテストに慣れているのか、きちんと削ったえんぴつを5~6本持ってきているではありませんか(ちなみに、テストが始まると最後まで休憩なし) 私は、1回目のテストの際には、3本しか持って行かず、ライティングのテスト際に、すべての鉛筆の先が丸くなってしまい、やりにくかったですもちろん、スタッフが鉛筆削りを持って、歩いているので手を上げれば、削ってくれますが、みなさんご存知ように、IELTSテストは時間との戦いなので、用意しておいた方が無難です

    すべて英語
    これには少し焦りました テストが始まると、すべてのアナウンス(監視官によるテストの注意事項等すべてにおいて)は英語で行われます
    TOIECテストは、注意事項等の説明は、日本語だったし、私もそのつもりでいたら、監視官が、名前や受験番号の記入の仕方等、英語で話し始めたので、「聞いてないよ~」と行った感じで、一気に雰囲気にのまれてしまいました もちろん、言っていることは難しいことではなく、とてもゆっくりクリアに話してくれるので、理解できるのですが、心の準備が出来てなかったので、かなりあわててしまいました

    そんなこんなで、「大学の入学許可をとるため、スコアが絶対に必要」な私は、プレッシャーと緊張で、リスニングテストのpart1まで、手の震えが止まらない状態でした
    きっと皆さんも目標あっての受験で、緊張すると思いますので、念のため心構えの情報でした

    ちなみに、Speakingの雰囲気は、この前紹介したyoutube(参考 http://miyabikogo.blog37.fc2.com/blog-date-20110910.html)が、本番に近いと思います こちらのyoutubeは、part2のものですが、part1,part3も探すとありますので、それぞれのパートの雰囲気を見てみてくださいね

    コメント質問等ありがとうございます
    私の経験から、答えられる範囲で、お役に立てたらと思います

    また、何か情報等あれば更新しますので、お楽しみに

    ☆ご訪問ありがとうございます☆
    現在は、下記にてブログを更新しております☆
    >>My Quality Of Life<<
    是非覗いてみてくださいね♪

    また、お問い合わせも上記よりご連絡お願いいたします☆


     最後まで読んでいただきありがとうございます。
    少しでもお役に立てたらこちらをクリックお願いします


    にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
    にほんブログ村



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    スポンサーサイト

    こちらのブログをご覧いただくのが、2回目以降だよぉ~~~の方    いつもありがとうございますとってもとってもうれしいです
       コアラをクリックで順位をcheck


    昨日は、IELTSの記事にコメントをいただいた(ありがとうございます)ので、今日はIELTS情報、問題集編

    前回の参考書編で、IELTSがどんなテストか、大体掴んだら、今度は問題集を使って、自分の力を試してみましょう
    ちなみに、私は、「STEP UP TO IELTS」を1ヶ月程かけて終わらせ、その後は、とにかく問題集と、「Scott's English Success」のテストを繰り返し、繰り返しやりました
    単語帳は、自分が作った単語帳(「STEP UP IELTS」より分からなかった単語集)と、キクタンを1日おき交互に繰り返し、頭に詰め込みました

    問題集でおすすめなのはやはりこちら

       

    Cambridgeシリーズがなぜ人気なのかというと、ケンブリッジ大学ESOL(IELTSを運営している団体)が発行する問題集なので、公式的な過去問ではないですが、それに準ずる位置づけで、多くの皆さんは、やはり模擬テスト感覚に使用するようです

    残念ながら、答えはついているけど、丁寧な解説は付いてなく、本当に模擬テスト用の問題集です

    ちなみに、私は、「1」~「7」まですべてやりました(当時「8」はまだなかったです)が、個人的な感想ですが、「5」が一番本番に近い難易度でした 意外と同じような感想を持っている方も多く、テスト前の模擬テストとして、「5」は必ずやってみるべきだと思います

    問題集をできるだけ数多くこなして、IELTSの傾向を頭に叩き込みましょう
    IELTSだけでなく、TOIECもTOEFLもそうですが、結局はテストで、必ずそれぞれに出題傾向があるんです それをたくさん練習して頭と体に叩き込みましょう

    そして、そして、丁寧に使ったあとはやはり。。。売れるんです
    すべての、中古価格を見ていただければ分かりますが、中古でも、新品同様の値段なんです。。。
    私は、本当のテスト同様に問題を解きたかったので、すべてコピーをして、コピーした用紙の問題に線を引いたり、書き込んだりして使っていたので、本自体が汚れることはほとんどなく(コピーする時の折り目くらい)、すべてヤフオクにて¥3000で売りました

    つまり、約¥4500で新品を買い、¥3000で売る、結局高いと言われているIELTSの問題集も、差引、約¥1500

    いえ~~~~~~~~~~い

    とにかく、お金の許す範囲で、できるだけ多くの問題を解くことがカギです
    (問題集が少ないと、どぉ~しても答えを覚えてしまうので。。)

    私は、地道な基礎固めより、問題集を解いている方が楽しかったです
    基礎が終わったら、あとは前進あるのみ GO~~~~~~~~~~~~~~~~~

    次回は、IELTSの実際のテストの様子等をお届けします
    意外と本格的なテストの雰囲気があり、知らないと緊張を煽ります(実際私があの雰囲気にやられました。。。)

    質問等ございましたら、お気軽にどうぞ
    私の答えられる範囲でお答えできたらと思います

    皆さんがんばってくださいね

    ☆ご訪問ありがとうございます☆
    現在は、下記にてブログを更新しております☆
    >>My Quality Of Life<<
    是非覗いてみてくださいね♪

    また、お問い合わせも上記よりご連絡お願いいたします☆


     最後まで読んでいただきありがとうございます。
    少しでもお役に立てたらこちらをクリックお願いします


    にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
    にほんブログ村



    このエントリーをはてなブックマークに追加

    こちらのブログをご覧いただくのが、2回目以降だよぉ~~~の方    いつもありがとうございますとってもとってもうれしいです
       コアラをクリックで順位をcheck


    今日はおすすめ参考書編

    IELTSは、日本では、TOFELやTOEICほどメジャーじゃなくて、どの参考書がいいか、情報収集には結構苦労しました
    参考書は、IELTSを初めて勉強する方が、一番最初に手にするもの
    どういうテストか、どんな問題が出るのか、そしてこのテストのポイント、などが書いてあります

    IELTSを独学で勉強される方は、最低1冊は必須です
    ただ、IELTSの参考書は高いんだよね
    でも、大丈夫 きれいに使えば、半額以上で売れるんです
    コピーをして使うのも一つの手(次回、問題集編でも書きますが、問題集は、基本的に全てコピーをして、本番のテスト同様、答えを書いたり、印をつけたりしてました)

    下記は私が、IELTSの勉強を始めた際、いろいろな方のブログや、コメントなどを参考にして、使用したものです

    STEP UP TO IELTS(残念ながら、CD別売り横のバーにあります

    私が勉強を始めた時に、一番初めて買った本です 中身は、とぉ~っても簡単ですが、基礎力を固めるのに、かなり重宝しました さらに、この本に出てきた単語、イディオム達は、IELTSテストでの出題率はかなり高です
    ちなみに、単語力がなかった私が、この本で学んだ単語は全部で、約400語

    IELTS Preparation & Practice

    こちらの本は、Writingでかなりお世話になりました とくにTask1のバラエティあふれる単語と書き方、分かりやすく導いてくれる説明など、とてもユニークな視点で、人気がある教材なのも納得 かなり自信がついたと思います

    英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング

    こちらは、Speakingでお世話になりました 何がいいかって ネタ作りですIELTSのスピーキングテストで困るのは、「それ日本語で聞かれても何て答えていいか分からないよ~」という問題が出ること こちらの本は、ほぼすべてのジャンルをカバーしていると思います 時間がないという方は、テスト前に、一読するだけでもだいぶ違うと思います それだけこの本の内容は、かなり充実しているし、1900円の価値は大ありです
    ちなみに、私は、1900円で買い、1000円でヤフオクで売りました

    聞いて覚える英単語キクタン TOEFL TEST 【頻出編】

    こちらは単語のdevelopに使いました 単語帳もTOEFL用はあるけど、IELTS用はなかなかないんだよね でも、実際のところTOEFLの頻出単語も、IELTSの頻出単語もさほど変わらないようです単語量は多い方がいいのかもしれませんが、私は、時間もなかったので、「頻出単語」にしぼって覚えましたリズミカルに繰り返される単語を、いつも移動中に聞いたりしていました
    単語は、これと、「STEP UP IELTSで分からなかった単語」を集中して覚えました

    Scott's English Success
    http://www.scottsenglish.com/ielts/

    最後はこちら、Scott's English Successという有料オンラインコース
    「生徒たちの声」を読むと、一見あやしいんだけど、これは本当にすばらしい
    何がすばらしいかって、まず申し込むと、払った金額に応じて使い放題
    何が使い放題かって、
    それぞれのテストの説明(英語で)
    それぞれのテストのコツ(英語で)
    それぞれのテスト(ほぼすべてにおいて模範解答付

    テストが何問あるかは、$49のコースか、$89のコースかで異なりますが、私は$89のコースで、Speaking、Writing、Reading、Listening、それぞれ10問づつ(ほぼすべてに模範解答&場合によっては説明付)、でWriting、Speakingの模範解答は、本当に勉強になりました Cambridgeの問題集が、4テスト入って、4000円~5000円するのに比べたら、意外とそこまで高くないのかなと思います 今円高だし
    説明はすべて英語ですが、画像もあるので、とても分かりやすいです
    一見、怪しい「生徒たちの声」ですが、スコアアップを狙えるのも納得です
    ただ、テストはプリントアウトをしてやるので、プリンターがないと不便かもしれません

    こんな感じで、参考書として使ったのはこちらの5点のみです
    どれも内容充実で、5点以上の価値はあると思います
    いろいろなブログなども参考にして、ぜひ自分に合った参考書を見つけてくださいね

    ☆ご訪問ありがとうございます☆
    現在は、下記にてブログを更新しております☆
    >>My Quality Of Life<<
    是非覗いてみてくださいね♪

    また、お問い合わせも上記よりご連絡お願いいたします☆


     最後まで読んでいただきありがとうございます。
    少しでもお役に立てたらこちらをクリックお願いします


    にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
    にほんブログ村



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。